ニュースキュレーション

2016.09.02 【 - 】

暴風雨を想定した台風に強い家づくり - リフォームオンライン

ニュースキュレーションサムネイル

 8月後半は台風が続けざまに襲来し大被害をもたらしたが、9月も油断できない。備えとして屋根材には風雨に強いものを選び、窓は雨戸やシャッターで守りたい。■2015年の台風の発生数6月から発生数が増える傾向があるが、8月~1...

8月から10月にかけて台風の被害発生は急増します。 雨戸やシャッターをしっかりしめる以外にも、リフォームで材質を変更することで対策することも可能です。
このニュースの続きを読む 他のニュースを見る