大成工務のリノベーション

リフォームとは

リフォームとは

そもそもリフォームって何?

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。
なお、英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、 汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。
マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、 例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

リフォームのメリットとは?

特定の部分に絞って施工ができるリフォームは、リノベーションには無いメリットがあります。
ここでは、よく言われているリフォームのメリットを、大きく以下の3つに分けられます。

家を壊さず、部分的に新しくできる
リフォームでは、リビング・キッチン設備・内壁・外壁など、老朽化してしまった場所だけに絞って新しくする ことが可能なので、それまで住んでいた愛着のある家を壊さなくて済みます。
普段通りの生活をしながらリフォームできる
家の建て替え工事やリノベーションをすると、どうしても大掛かりな工事が必要になるので、 工事中は別で泊まれる場所を探すなどの必要が出てきます。
一方リフォームでは、部分的に新しくするだけなので、大掛かりな工事などは必要ありません。
結果的に、ほとんどのケースでは普段通りの生活をしながら、工事が済む場合が多いです。
コストを低く抑えられる
一般的な目安として、リフォームの場合のコストは、50万円~400万円以下なのに対し、リノベーションの場合のコストは、 1000万円~1500万円以下となるようです。
もちろん、リノベーションは目的が違うので当然ではありますが、きちんと自分の目的を絞ることができれば、 低予算で多くの場所をリフォーム可能です。

リノベーションと何が違うの?

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。
新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。
一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

リフォームをお考えの方は、
まずはお気軽にご相談ください。

既にある程度希望する構想をお持ちの方、まだ漠然としている方も、まずはお気軽にご相談ください。
しっかりと目的をヒアリングさせていただき、大成工務の強みをプラスした提案をさせていただきます。