大成工務のリノベーション

リノベーションとは

リノベーションとは

そもそもリノベーションって何?

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための 機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。
よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、 広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

リノベーションするメリットとは?

リノベーションが注目を集めているのは、それなりのメリットがあるからだと考えられます。
よく言われているリノベーションのメリットとして、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

自由かつ、自分好みに設計できる
リノベーションは、自分の洋服を自分の好みで選び組み合わせるかのように、 自分のニーズに応じて自由に自分らしさを表現することができます。
住まいに対するイメージは人それぞれ異なり、世界で1つしかない住まいが誕生します。
物件の選択肢が増える
自分が希望する居住エリアで希望通りの新築の戸建やマンションを探すのには大変苦労するかと思います。
リノベーションを前提とすれば、中古の戸建やマンションを購入することとなり、新築と比べより安い予算を設定できるため、立地の選択肢が大きく広がります。
既存のマンションや建売住宅なら、どれも似たり寄ったりで無難な内装になってしまっていることが多く、 内装に強いこだわりがあり、自分好みの内装を選びたいという方にはリノベーションがおすすめです。
新築を購入するよりコストが削減できる
新築を購入する場合の費用と、今住んでいるリノベーションする場合の費用を比較すると、 物件費用がかからないリノベーションは圧倒的にコストがかからないと言えます。

リフォームと何が違うの?

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。
新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。
一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

リノベーションをお考えの方は、
まずはお気軽にご相談ください。

既にある程度希望する構想をお持ちの方、まだ漠然としている方も、まずはお気軽にご相談ください。
しっかりと目的をヒアリングさせていただき、大成工務の強みをプラスした提案をさせていただきます。